2016年8月14日日曜日

墓まいりの 季節


「日文悠」夏の 懇談会  8/3


となりの コンビニ  8/12 


コーンポタージュ 8/12 


お墓まいり  8/13 


沢新にて  8/13 




「日文悠」夏の 懇談会

83()。夕方 6時から、千代田町 丸十 2階で、「日文悠」夏の 懇談会が 開かれました。8月は 夏休みで、正規の 研修会は なし。「暑気 ばらい」を かねて、気楽に 語りあおうと いう わけ。

会食に さきだって、会員の Skyさんが スライドを 使って、立山を 中心に、山を めぐる 地名・地形名、動植物名 などに ついて 解説 されました。よくも これほど 大量の 画像資料を 採集・整理された ものだと 感心して 拝聴しました。

つづいて 会食…丸十 さん 自慢の 料理を ごちそうに なりました。わたしは 最近 家では めったに 酒を 飲まない のですが、こういった フンイキの 席では、食欲も わき、お酒も おいしく いただけ ます。ビール なら、コップで 「乾杯」の 1杯目が 最高。あとは ニガミが 強く なります ので、日本酒を マイペースで ゆっくり 味わいたい ですね

会食の 後半からは、出席者が 順番に 自己紹介。さまざまな 人たちの 個性 あふれる話を きく ことが でき、楽しい ひとときを 過ごしました。

次回の 研修会は、923()。講師:木本 秀樹 さん。テーマ:「古代北陸道の 国制と 特質」(仮題)



認知症の 実態

 これまでも、認知症に ついて いろいろ 聞いては いましたが、どちらかと いえば「よそさまの 家の 話」と いう 感じ でした。それが こんど、自分の 女房が その 病気に なり、その 介護者の 役割を つとめる ことに なろう とは、まったくの 想定外 でした。

 おなじく 認知症と いっても、実態は さまざまで、信子の ばあいは まだ 比較的 軽いほうの よう ですが、わたしに とっては、毎日が マサカ・マサカの 連続 です。

モノワスレ…「今日は ○月 ○日、○曜日?」それが、すぐには 答えられ ない。この 程度の こと なら、わたしでも あります。でも、デイケアに 出かける 日の ことを 忘れて いると、大変な ことに なります。買い物に 出かける ときも、(冷蔵庫の 中を チェックしない まま)その場の 思いつきで 食品を 買い集め、家に 帰って から、肉や 野菜が だぶって いる ことに 気がつきます。やがて、大量の ナマゴミと して すてる ことに なります。

 シンコクな 話…夕食の メニューを 考えたり、調理したり する には、それなりの 体力・気力が 必用、と いうことが よく 分かりました。そこで、先月から 夕食(オカズ だけ)の 宅配を 利用する ことに しました。老人むけに うすあじで、栄養も 十分 計算されて いる ようです。スキキライの ある 信子も、いまの ところ ほぼ 完食の 状態。これは うまく いったと よろこんで います。ところが、ある日、こんな ことが ありました。わたしが デイケア から 帰って からの 4時半 ころ、近所の H食堂 さん から、冷やし そうめんと かつ丼が とどき ました。いつのまにか、信子が 電話で 注文して いたのです。「腹が へった ものだ から」なの か、「弁当が 来ている のは 分かって いたが、ゴハンが ついて いなかった から」なの か、それとも「ゴハンを たくのが メンドウだった から」なの か、よく 分かりませんが、結果と して、当日 配達された 弁当は 残飯と して 冷蔵庫で 保存される ことに なりました。この「とりあえず 冷蔵庫で 保存」という 食品が 毎日の ように 発生し、やがて 大部分が ナマゴミと して 処理される ことに なります。食材は、もともと イネ・ムギ・野菜・肉 など、イノチ そのもの。残飯をすてる ことは、せっかく いただいた イノチを ムダに する こと なので、たいへん 申しわけ ないと 思って います。

 現実の 生活では、自分自身の イノチが まず 第一と いう ことに なります。ことしのように 猛暑日が つづくと、「2年、3年 先の ことは いわない。とりあえず なんとか して この夏だけは のりこえたい」と 願う ことに なります。ムリして 残飯を 食べて 食中毒に なるのは イヤ なので、ナマゴミと して 処理させて いただいて います。ごめんなさい。



8月の スケジュール

 年齢から いって、「毎日が 日曜日」の はず なの ですが、本人の 感覚では「けっこういそがしい」感じで 日を 過ごして います。そう 感じる には、それなりの 理由が あります。第1.高齢に なると、体力・気力が おとろえ、行動力が 落ちる ので、世間一般には「通常」の スケジュール でも、高齢者 には「過密」と 感じられる こと。第2.たとえば、週2回 デイケアに 通う のは、もともと「フロに はいったり、マッサージを 受けたり」、ノンビリした 気分に なる 時間の はず ですが、ぎゃくに「週2回 通所と 規制された」と 感じとる こと。

 わたしに とって、とりわけ この 8月は スケジュールが こんで いる 感じ です。「日文悠」も 「古事記を読む会」も 8月は お休み ですが、「日文悠 懇談会」(3日)、「墓 まいり」(13日)、「親戚 来訪」(17日)、「NHKから 来訪 取材」(23日)、「『教育・文芸 とやま』応募原稿 シメキリ」(25日)などの スケジュールが つまって います。「周2回 デイケア」との 調整も 必要で、96歳 老人に とっては やはり 「かなり つまった 感じ」です。ただし、文芸誌への 応募原稿 作成も、TV局からの 取材に 応じる のも、自分が すき好んで している こと、「生きている ことの アカシ」と して やっている こと ばかりです。マイナスの イメージは なく、「充実した スケジュール」と いった 感じです。



コンビニを 見なおす

  一昨年、となりに コンビニが できましたが、「コンビニは、若い人たちが 利用する もの」「老人には 縁がない」と 考えて いました。しかし、最近 すこし コンビニを 見なおすように なりました。万が一、非常事態の ばあい、老人は クルマの 運転も できず、パニック状態に なりがち です。でも、すぐ となりに コンビニが あれば、食品が 手にはいり、イノチを ツナグ ことが できそう です。費用の 面に ついても、食の 細い 小人数の 世帯では「食材ロス」、「ナマゴミ発生」が おおく なる ので、かなりの ムダヅカイを している わけです。体力・気力の ことや 調理の 時間の ことを 考えれば、コンビニで 間にあう ものは、なるべく コンビニ利用に 切りかえた ほうが、かえって 安あがりに なるのではと 考えて います。

 ただ 問題は、人には それぞれ スキキライが あり、どれだけ 栄養価が あっても、「食べる気に なれない」、「ムリに 食べようと しても、体質的に 受け入れ ない」などの 例も あります。わたし 自身は、ビンボー 一家の 4人兄弟の 一員と して きたえられた(?)おかげで、魚でも、肉でも、野菜でも、「どうしても キライ」な 食品は なさそう です。先日も コンビニで「コーン ポタージュ」などを 買って、味噌汁 がわりに 味わって みました。和風・洋風など、いろいろな 食習慣が ある よう ですが、いまの わたしには 「イキル こと」、「イノチを つなぐ こと」が 最優先の 課題です。コンビニや 近所の 食品店に、信子が「食欲を 感じる」だけでなく、「現実に 消化・吸収できる」食品が、どれくらい あるか、いろいろ テストして みる つもりです。



墓まいり
いろいろ 日程を 調整した あげく、13日(土)に 墓まいりと いう ことに なりました。

 お墓に そなえる 線香と ロウソクは 仏壇の ヒキダシ から、お花は となりの コンビニで 用意 できました。11時半、タクシーを 呼んで 出発。

 空は 快晴。カンカン照りの 猛暑 ですが、雨降り よりは マシと いった ところ。

常願寺川 大日橋(日置の橋)を わたり、立山町 五百石 商店街で イトコの Tsm さんにごあいさつ。そのあと、地鉄 田添駅西の 墓地に むかい ました。用水の 水を 汲んで、墓を 洗い、花を 生ける ツボに そそぎ ました。ローソクや 線香を 立て、マッチで 火を 灯そうと しましたが。風が つよい ので あきらめました。すること 為すこと、すべて 子供の ママゴト みたいな こと しか できませんが、この年齢で ここまで 足を はこんだ 気持ちだけは くみ取って いただけたらと 思っています。正直な ところ、来年の お盆に、また 墓参りに 来る ことが できるか どうか、あまり 自信が ありません。

  お墓まいりを すませた あと、沢新Mskに 向かい ました。沢新は、わたしの 母ヤイ(八重)の 出身地で、いまも もとの 場所に、イトコの Stk さん 一家が 暮らして います。わたしが 東京外語の 学生時代、冬休みや 春休みに なると、「沢新の おじいちゃん」の うちへ ころがりこんで、さんざん お世話に なったと いう「思い出」が あります。
 家に帰って、「ヤレヤレ」と つぶやいた とき、時計は 13時を まわって いました。

2016年8月7日日曜日

地蔵祭りの 季節



いたち川遊歩道 7/24    


石倉町延命地蔵尊 7/24 


ムクゲの花 7/2 


志田延義先生を偲ぶ会 7/24 




地蔵祭りの 季節

 724()、朝の 散歩で、雪見橋の 上流、石倉町・泉町上流の 遊歩道を 歩きました。ちょうど 地蔵祭りの 季節で、「南無 延命地蔵尊」と 染めぬいた ノボリの 赤い 色が 木の ミドリと 対照的 でした。この日 夜には、恒例の 灯篭流しも 行われる との ことで、石倉町の 地蔵尊堂では、世話役の 人たちが 祭りの 準備を して おられました。対岸の 泉町でも 同様 でした。

<追記>25北日本新聞紙上に「いたち川の 川面を 幻想的に 照らす 灯篭24日夜)」の 写真が のって いました。



志田延義 先生を 偲ぶ 会

24() 午後2時から、市内 長柄新町の 長念寺で、「志田延義 先生を 偲ぶ 会」が 開催され、前 日本歌謡学会 会長(第1回 志田賞 受賞者)真鍋昌弘 先生の 記念講演が ありました。タイトルは「志田 歌謡史を 基盤として 『閑吟集』と 『田植え草紙』を 読む

 わたし 自身、歌謡学会の 会員では ありませんが、志田延義 先生に たいへん お世話に なりました ので、「偲ぶ 会」には できるだけ 出席させて いただいて います。わたしが とりくんで いる テーマが「日漢英の 音韻比較」なので、『古事記』や『萬葉集』などの 歌謡は 比較的 ナジミが ありますが、平安以後の 歌謡までは なかなか 手が 出ません でした。数年 まえ、たまたま「偲ぶ会」に 出席した ご縁で、書家の 藤原彰子 さん から 著作『閑吟集を 書く』、『梁塵秘抄を 書く』を いただく ことに なり、目から ウロコが 落ちる 思いが した ことを おぼえて います。

 真鍋 先生は、この日の 講演の ために B413枚に およぶ 資料を 用意し、出席者に配布 されました。その目次を ご紹介します。

1. 閑吟集』を 読む』、

1.1.肩書き「吟」173番・209番を 読む(吟=吟詩句、小=小歌)

1.2.酒宴歌謡

1.3.「うそ」を突く

2. 『田植え草紙』を読む

2.1. 鹿の歌

2.2.のうた

 当日の 講演では、真鍋 先生 一行が 平成209月、中国河北省 邯鄲市の 重要文化財、黄梁夢呂仙紫祠を 訪問した ときの 思い出から はじまり、まずは 『閑吟集』「吟」173に たどりつきます。

世事邯鄲枕、人情灩澦灘(セイジ[世事] 邯鄲の 枕、ジンセイ[人情] エンヨ[灩澦]の ナダ[])

  「邯鄲の 枕」とは、趙国の 邯鄲で 蜀国の 盧生が、導士(仙人)呂翁の 不思議な 枕で 眠り、人生の はかなさを 悟る 話。灩澦灘は、長江ク[-]塘峡に ある 巨石の 名。灩澦堆とも。1958年、航路整備の ため 取り除かれた。この地区に 残る 船曳を 収録して、「船頭や 牽引夫の 労働・俗信・生活」を 調査した との ことです。

 ついでに 209

鶏声茅店月、人迹板橋霜(鶏声茅店の 月、人迹板橋の 霜)

[口語訳] にわとりの 声を 聞きながら、寒々とした 空に 残る 冬の月を ながめて、田舎の 宿を 出立した。ふと 見ると こんな 早朝にも かかわらず、板橋の 上に 置いた 霜の 上には、だれかが、すでに 通って いった ので あろう、足跡が ある。

さらに もう 一つ、210番 小歌。

帰るを知らるるは、人迹板橋の霜のゆへ()

[口語訳] わたしが 帰って ゆくのを、人に 知られる のは、霜の上の 足跡の せいだよね。

 途中 省略して、『田植え草紙』鹿の 歌へ。

朝霧にさしこめられて小牡鹿が

  ゆくかたのふては和歌をよむ

さしやこめられ小歌もよまれぬ

鹿の腹毛をぬいては筆に結われた

筆に結ふてはみな法華経をかかれた(6)

資料・『万葉集ホカヒビト[乞食者]のウタ[]

…シシ[鹿]待つと わが居る時に さを鹿の 来立ち歎かく、タチマチ[]に われは死ぬべし 大君に われは仕へむ わが角は 御笠のはやし わが耳は 御墨のツボ[] わが目らは 真澄の鏡 わが爪は お弓のユハズ[弓弭] わが毛らは 御フミテ[]はやし わが皮は 御箱の皮に わがシシ[]は 御ナマス[]はやし わが肝も 御ナマス[]はやし わがミゲ[]は 御塩のはやし 老いたる奴 わが身一つに 七重花咲く 八重花咲くと 申しハヤ[]さね 申しハヤ[]さね(万3885

<参考>

峰に起き伏す鹿だにも、仏に成ることいと易し

己れが上毛を整へ筆に結ひ、一乗妙法書いたんなる功徳に(梁塵秘抄239) 
  この日、真鍋 先生の 解説を うかがった おかげで、上代の 『古事記』『萬葉集』から 中世の 『閑吟集』『田植え草紙』を 経て 現代歌謡に いたる までの 流れが、すこしだけ 目に見えて きた 感じが します。それは、日本列島の 住民たちの 生活が、狩猟中心から イネ農耕 中心に 変化した こと、ヤオヨロズの神の 時代から アマテラス 中心、さらにはテラ[](屋根瓦で 周囲を テラス堂塔)を もつ 仏教信仰の 時代へと、しだいに 変化して きた ことの 反映と いっても よい でしょう。まさに、「歌は 世に つれ、世は 歌につれ」ですね。

2016年7月29日金曜日

ただいま 主夫 修業中 


雪見橋から 7/22


イチジク 7/22 


日文悠 研修会 7/22 


ゴミ集積所 7/21 




聖徳太子の 話

722()。朝の 散歩の おり、定点観測と して 雪見橋から 下流の 景色を スマホに 収めました。また ご近所の 庭で、イチジクの木が、ことしも しっかり 実を つけているのを 見つけました。

この日、午後から 豊栄稲荷神社で 「日文悠」(「日本海文化悠学会」の 略称) 7月研修会が 開かれ、針山 康雄 さんと イズミが それぞれの 研究テーマに ついて 報告しました。

針山 さんは「聖徳太子と わたくし」と 題して、「聖徳太子とは」、「太子の 業績」、「真実の 飛鳥時代」、「万葉集に 見る 聖徳太子」、「太子の 伝記・伝説」、「太子信仰」、「太子と 浄土真宗」、「太子と 工匠」、「勝興寺の 太子像」などの 項目ごとに、これまでの 研究成果を 報告され ました。

 「聖徳太子は いなかった」説 などと いわれても、学習不足の わたしには、討論に 参加する 資格が なさ そうです。聖徳太子を めぐって これほど さまざまな 問題が 提起されると いう ことに おだろきながら、神妙に 拝聴させて いただき ました。ありがとう ございます。



ニヒ[]と ネヒ[婦負]の 話

つづいて、イズミから「ニヒ[]と ネヒ[婦負]…富山県の n-p音地名を 読む」と 題して 報告させて いただきました。報告の 内容は、「教育・文芸とやま」第22(富山県教職員厚生会。201512)に 掲載された、同名の論文の とおりです。要約して、紹介させて いただきます。

0.  はじめに

 富山県の 地名の 中に、ニヒカハ[新川]郡・ネヒ[婦負]郡 など、n-p音を もつ 地名がある。ヤマトコトバ音韻組織の 原理・原則に 照らして、その 語音を 分析し、そこに こめられた 意味を 読みといて みたい。

1.  n-p音の 日本語

 上代語の 段階で、ナフ[萎・綯]・ナブ[隠・並]・ヌフ[]・ノブ[伸・延]などの 2音節動詞が 成立し、その まわりに ナハ[]・ナヘ[]・ナベ[]・ニハ[庭・丹羽]・ニヒ[]・ニヘ[]・ネブ[合歓木] などの 名詞・形状言 などが 成立している。

1.1.ナフ ものが ナハ

 上代語に「ナフ[]」の 用例は 見あたら ないが、「ナハ[]を ナフ[]」場合、素材の ワラが ヨリを かけられ、ナフ[]・ナブ[隠・靡・並]の 姿と なり、やがて 1スヂのナハ[]と なる。ここでは、動詞 ナフの 未然形が そのまま「~した もの」を 意味する 名詞形として 定着した。動詞 ノブ[]の 名詞形 ノベ[] なども 同類。

1.2.ナハ[]と ナヘ[]は 同族語

 ナヘ[]は、草木の 種が いちど 地中に 並べて 隠され、やがて あらたな イノチと して 根や 芽を 張りだす 姿。それは、ワラが ナハに 変身する のと おなじ 姿。ナハシロ[苗代]は、若い 草木を 並べ、隠しておく シロ[城・代。ナベ[]も、食品を ナブ[並・隠]する シロ[城・代]

1.3.ニフの 川が ニハカニ つくる ニハ

日本列島には 火山が おおく、いたるところに ニフ[丹生](火山灰の 地層)がある。水源地帯の 雪が とけだすと、川水がニフ[丹生]ニブ[]と なる。その ニフの 川が 平野部に ノビ出る とき、ニハカニ 羽を 広げて 洪水を おこし、やがて 水が 引いた あと、ニハカづくりの ニハ[庭・丹羽]を のこす。

 この ニハは、ニヒタ[新田]・ニヒバリ[新治]と して、イネ農耕に 利用され、収穫された 穀物は ニヒナヘ[新嘗]と して 神に ささげられた。

ニヘ[]は、ニヒタ[新田]で とれた 新穀の 意。ニフブニは、「すこし 赤土を つけた(ベニを さした)」顔つき。ニホフは、もと「ニ[]+ホ[]+フ[]」の 構造で、「美しく 色づく」姿の意 だったが、やがて「カヲル[香・薫]」の 意にも 用いられる。ついでに いえば、富山市内の 旧町名 ニエモンマチ[仁右衛門町](江戸期~昭和40年)は、「ニヘモノが 住んで いる 町」の 呼び名 だったと 解説されて いる。ニヘモノ[贄者] = ニヘビト[贄人]。「国ツ神、名は ニヘモツ[贄持]の 子」(記.神武)以来の 伝統を もつ 職業(船頭。漁師)

1.4.ヌフ・シラヌヒ・ニヒバリ

 ヌフ[]は、「針や 糸で 布などを つなぎあわせる」こと。草木の 種が ネ[]や メ[]ノバス[] 姿 とも、「大地と 天空を ヌヒあわせる」姿 とも 見る ことが できる。

 ここで、枕詞 シラヌヒ[白縫]に 注目する。国語辞典は、「ツクシ[筑紫]に かかる 枕詞だが、語義 および かかり方 不詳」と するが、シラヌヒ=[白縫][不知梭]と 解釈するほうが 分かりやすい。シラは 動詞 シル[知・識]の 未然形 であり、また 形状言 シロ[]の 交替形。敵を シル[]には、体を スリ・コスリ[]あわせれば よい。大根の味を シル には、スリ[磨・擦」おろして、その シル[]を 飲めば よい。

 シル・シラ・シロ などの s-rは、動詞 シラク[](白くなる)シラグ[](白くする。精製する)・シラス[知る]・シルス[]や 名詞 シラカ[白髪]・シラギ[新羅]・シロカネ[] などと 同源と 考えられる。シラギ[新羅]は、木材や 石材では なく、金属を シラグ[精錬] 技術を もつ 国。英語の silk, silver などとの 関連も 考えれる 語音。

 シラヌヒ=「金属精錬に よる 針で ヌフ こと」=「金属製の スキ[]・クハ[]で 大地を たがやす こと」と 解釈すれば、枕詞 シラヌヒと 地名 ツクシ(筑紫・土筆・ツクシ[突石・突串])との 対応関係も 見えて くる。

1.5.ネヒ郡と ツギネフヤ

n-p音の 動詞 ネフの 用例は 確認されて いないが、上代語に 動詞 ネバフ[根延]・ネブル[]、名詞 ネブ[合歓木]・ネハリ[根張] などの 用例が ある。また、枕詞 ツギネフの 用例が 多数 あり、これを ツギネフ[次嶺経]と 表記し、動詞と 見る 説も ある。

 この ネフを 「ネ[]+フ[]」の 構造と とらえ、「根が 生えて いる 姿」と 解釈する ことも できる。「根が ハエル・フエル・ノビデル」意の 動詞 とも、「根が 生えて いる ところ」の 意の 名詞 とも 解釈できる。名詞・動詞 とも 同一音形の 例は、タツ[竜・立]・ハル[春・張・墾]・ユフ[夕・結]・ワク[枠・分・別] など 多数 ある。

1.6.メヒ から ネヒ へ

 ここで、ネヒ[婦負]と メヒ[姪・婦負]との 関係を 整理して おきたい。

メヒ[姪・婦負]に ついては、上代語の 用例が ある。メヒ[]は、兄弟姉妹 から 生まれた 女の子。ヲヒ[甥]の 対。親子・兄弟と 同様の 近親関係を 示す コトバ。メヒノコホリ[婦負郡]は、メヒガハの 流域。この 川の 本流・支流・分流・合流の 姿を 人間社会の 親族関係に 見たて、メヒガハと 呼んだ こと から、やがて 地名 メヒノコホリ[婦負郡]が 生まれたと 推定される。

『萬葉集』で メヒと 呼ばれた 地名が、『和名抄』で ネヒに 変化して いる ことに ついては、その 途中で 日本語が 音韻変化を とげた 結果と 考える ほか ない。m-音 からn-音へ 変化した 例には、ミラ[]→ニラ、ミナ[]→ニナ などが ある。



2.  n-p音の 漢語・英語

 前述の とおり、ヤマトコトバは もともと チャンポン語で ある。その 語源を さぐるには、ヤマトコトバの 原理・原則に したがう ことが 必要だが、ヤマトコトバの 素材を提供した 周辺諸民族の 言語の 実態を 知る ことも 必要。ここでは、漢語・英語の  n-p音に ついて 考える。

2.1.n-p音の 漢語

 現代漢語に n-pタイプの 音節は ない。しかし、上古漢語では ニフniepru// ナイnuebnei// ナフnepna などの n-p音語が 成立して いた。その 意味・用法は、ヤマトコトバの ナフ[]・ナブ[隠・靡・並]・ヌフ[]・ノブ[] などと かなりの 対応関係を  示す。

たとえば、ニフ[]の 甲骨文は、「2筋の ワラをナフして、1筋の ナハとする」姿とも見え、ぎゃくに「1本の 木や 草 から,2筋の ネ[根]が ハエル・ノビデル・シノビコム」姿とも 見える。また、漢語 語彙体系の 中で「n-p音は ごく 少数派」と いう 点も、きわめて 暗示的だ。

2.2.n-p音の 英語

  アメリカの 遺産 英語辞典』(略称AHD)フロク「インド・ヨーロッパ語根と そ

の 派生語」を 見ると、n-p音 英語が かなり 多数 成立している ことが 分かる。その いくつかの 例を 紹介する(語根・基本義・派生語の 順にしるす。日本語訳・*印 以下の解説 などは 引用者の 責任)。

nau- (boat)(小舟), naval舟の, navigate航行する, navy艦隊. *ナベ[]の 姿。

nobh- (navelへそ) naveへそ, navelへそ. フネも ヘソも ナベ[]の 姿。

nebh-(cloud) nebula星雲, nimbus雰囲気. *ネ[]が ハフ[] 姿。⇔ネバフ[根延]・ネバル[根張・粘]・ネブル[]

nehw-is (near近くに) near, neighbor近所の 人, next次の. *根を ハリダス・ノバス姿。⇔ツギネフ。

nepot- (grandson, nephew) nephew, nepotism縁者びいき, niece. *根や 芽がノビデル 姿。⇔ネバフ・ツギネフ・ネヒ[婦負]・メヒ[姪・婦負]

newo- (new新しい) new, neo-, nova新星, novel小説。新奇な, innovate革新する. *ノビル 根の 先端部。ネ[][穂・秀]の 姿。⇔ニヒ[]・ネヒ[婦負]・ツギネフ。



ただいま 主夫 修業中

 ここまで、「聖徳太子(ウマヤドノミコ)」とか、「n-p音の 地名 ニヒカハ・ネヒ」 などの 話を して きました。当の 本人に とっては「生きている ことの アカシ」と いえるほどの 重要問題 なの ですが、まわりの人が 見れば、「ミアラクモン[身楽者]」、「浮世ばなれ した、けっこうな ご身分」と いう ことに なるかも しれません。その ミアラクモンの 生活が、いま ピンチに 立たされて います。

わたしと 信子は 1945年(大日本帝国 敗戦の 年)に 結婚しました ので、かるく 半世紀を こえる 歴史経過を もって います。敗戦と ともに、わたしの 人生観・世界観は180度 ほど 転換しましたが、二人の 人間関係は ほぼ 一貫して いると 思います。自営業・教員(途中退職)・専門学校講師 など、つぎつぎ 職業を 変えて きましたが、いつも わたしが 決断し、信子は だまって ついて来て くれました。どちらかと いえば 病身者で 神経質な わたしとは 対照的に、いつも元気で、 楽天的。銀行に 勤めていた ことが あり、ソロバンも できました。

 炊事・洗濯・掃除・家計簿 など、家事を すべて こなして くれるので、わたしは これまで 炊飯器や 洗濯機の 使い方も 知らずに 過ごして きました。それが、今年に入ってから、信子の 認知症が 目立ち はじめ、家事を こなす 体力も 気力も 落ちている ことに 気づかされ ました。

 そこで、わたしも、これまでの 方針を 転換して、すこしずつ 家事を 分担する ことにしました。96歳で 家事修業 コトハジメと いう のも、いささか シンドイ 話ですが、まずは 朝の「ゴミ出し」から はじめ ました。家の中の ゴミを、「生ゴミ」「もえる ゴミ」「もえない ゴミ」などに 分け、市の ゴミ収集 スケジュールに あわせて 集積所に もちこみます。わが家の 冷蔵庫は、期限切れの 食材や 食べのこしの 食品で 満杯に なり そう なので、「生ゴミ」の 処理だけ でも、たいへんな シゴトだと 思い知らされ ました。

 いまの ところ、信子は 洗濯機の あつかいは できて いますが、2階 ベランダの 物干し場を 使う 作業は ムリの ようです。そこで わたしの 書斎(パソコンの ある 部屋)サオを わたして、物干し場の 代用と しました。ここなら、エアコンが ある ので、雨の日でも 確実に 物干しが できます。ノブコ=洗濯機を あつかう 人、わたし=洗濯物を 干す 人、と いう 家事分担です。

 「急いては、事を仕損じる」とか なんとか リクツを ならべて、ポツリポツリ「主夫修業」を つづける 予定です。なにとぞ、おてやわらかに!